\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

ゴルフのコースデビューで練習なしはダメ!7つの大事な心構え

悩めるゴルファー

練習なしで、ゴルフのコースデビューはしても大丈夫?

上記のお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 練習なしでコースデビューをしてしまうと、同伴者および後続組に迷惑をかけてしまう危険性があるので、やめた方がいいこと
  • コースデビューする際に、心にとどめておいて欲しい大事な7つの心構え
本記事を読んでほしい人
  • コースデビューを控えていて、同伴者・後続組に迷惑をかけずにラウンドしたい方

それでは本題に入ります。

個人的イチオシお助けアイテム『イーグルビジョンのWATCH5』

Watch5で木やバンカーまでの距離もわかるよ
ウォッチ5で障害物までの距離を把握する

WATCH5の何がすごいって、コースで下記のことがわかります。

  • グリーンまでの高低差
  • 木やバンカー等の障害物までの距離
  • グリーンセンター・フロントまでの距離
ばらもん。

私はWATCH5をつけてラウンドすることで、残り距離を以前よりも明確に把握することができるようになりました。
結果として、スコアを縮めることに繋がりました。

詳しくは下記の記事にまとめています。
シンプルな操作性で、文字が大きくて見やすい腕時計型の距離計を探している方へ、特にオススメします。

目次

練習なしでコースデビューする危険性とは?

結論です。
練習なしでゴルフコースにデビューすると、同伴者はおろか後続組にも迷惑をかけてしまう可能性が高いです。

理由です。

グリップやスイングの形は、正直言って未完成でも大丈夫です。
しかし、チョロってもいいので前進できないことにはホールアウトできません。

練習場でまともに打てる人でさえ、コースに行けばダフったり・チョロったりするのが日常茶飯事です。

私自身、コースデビュー前には熱心に打ちっ放しに通っていました。
7Iで150ヤードは飛ぶし、ドライバーに至っては周りで練習している人よりも飛んでいるしウマいとすら感じていました。

しかし、コースデビューをしてみてビックリ・・・。

ばらもん。

なんこれ・・・球にぜんぜん当たらんやん・・・

コースに平坦なところは『ない』と考えてもらって大丈夫です。
ティー台ですら、傾斜していることもあります。

『練習なし』の人が、コースにいきなりデビューしてボールにまともに当たるとは私は思えません。(タイガーウッズ並のセンスと技量をお持ちなら大丈夫かもしれませんが。)

空振りやダフリばかりで、前進することができなければ周囲のストレスは溜まっていくのは間違いなし。

打ちっぱなしで10球中5球くらいは、自分が思ったような球が打てるようになってからコースデビューすることをオススメします。

以下からは、コースデビューするうえで大事な7つの心構えを解説します。

  1. ボールの落下地点まで走る
  2. クラブは絶対に置き忘れない
  3. ボールは常に5個持っておく
  4. ロストボールを探すのは3分間
  5. セカンド地点に5本は持っていく
  6. グリーン近くまで来たらパターを持つ
  7. クラブカバーは外してバックにしまっておく

コースデビューされる方にとって、とても重要なポイントになります。
同伴者や後続組に迷惑をかけないためにも、目を通しておくことをオススメします。

ばらもん。

コースデビューなんです。
下手くそでもいいのです。

大事なことは、ボールがあっちこっちに飛んでいってもクラブを5本担いで走り回る意気込みです。

汗水垂らして走り回っている姿を見たら、誰も『迷惑だなぁ』なんて感じることはありません。
むしろ、かなりの好印象です。

ばらもん。

順番に解説しますね

ボールの落下地点まで走る

デビューしたらとにかく走る!
ボールの落下地点までは、とにかく走る気持ちで!
ラーンラーンラーンラン!
のっそのっそとゆーーっくり歩いて行くことがないように!

コースでアイアンを打つとボールが右へ左へ飛んでいきます。

  • チョロもします。
  • ダフリもします。
ばらもん。

走りましょう!

のっしのっしと歩いてボールに向かうなんてことはやめましょう・・・。
最低でも、小走りでボールの位置まで向かう気合が必要です。

私も、100を切るくらいになっても頑張って走っています。
同伴者のボール探しにも協力します。

冬場でも2ホール目に向かう時には汗ばんでいるレベル。

水分補給はしっかりとね!

クラブは絶対に置き忘れない

ゴルフ慣れした人にも言えることですが、クラブを置き忘れることは多々あります。

  • セカンド地点
  • グリーン横
  • バンカー横

前のコースに置き忘れたクラブを取りに戻ると大幅なタイムロスになります。

そこで。

忘れないようにするコツがあります。

カートに向かう動線にクラブを置いておくこと。

逆に、動線とは反対方向にクラブを置いていると十中八九忘れてしまいます。

カートに向かう動線にクラブを置きましょう!

私もいちど、セカンド地点に父から借りた7番ウッドを置き忘れたことがあります。
ハーフが終わったときに気がついたのですが、血の気が引きました。

幸い、後続組が拾ってくれていました。
見つからなければ、とても後悔していたことでしょう。

ヘッドカバーも忘れてしまう可能性大です。
なので、スタートからホールアウトするまではゴルフバックの中にしまっておくのをオススメします。

ボールは常に5個持っておく

コースデビューで下記のことは当たり前です。

  • 池ポチャ
  • OB(ふぁー!)
  • ロストボール
ばらもん。

ボールは常に5個は持っておきましょう!(ポケットパンパン(笑))

私はベルトに固定するおにぎり型のボールケースを愛用しています。

おにぎり型のボールケース
ベルトに固定することができます。
おにぎり型のボールケースには常に3個入れています
3個入ります!

例えば、OBを打ってしまって打ち直すとき。
手持ちのボールがない場合は、カートに取りに戻る必要があります。

カートまでの距離が長い場合には、大幅なタイムロスになります。(しかも体力も消耗する・・・。)

ティーについても同様です。
ロングティとショートティは、それぞれ常に3つは持っておくことをオススメします。

ロストボールを探すのは3分間

ロストしたあたりで2打罰で打ち直そう!
新ルールで、ロストしたと思われる地点から2打罰で打てます。
例えば、2打目をロストしたなら5打目でカウント!

ラフが伸びている場合は、ボールが入り込むと見つけ出すのは難しいです。
3分ほど探して見つからなければロストボールにして、打ち直ししましょう。

ボールを打った地点に戻り、ドロップして打ち直すのは時間がもったいなさすぎます。
ロストしたと思われる地点から、2打罰つけて打ち直すことをオススメします。

2打目ロストなら、『5打目』として打ち直します。

ロストボールを潔く申告して、スムーズにコースを回ろう!

ばらもん。

私もいままでにロストしたボールは数え切れません・・・。

ティーショットがOBした場合には、プレフォー(ある場合)に向かいましょう!
打ち直しをしたい気持ちは分かりますが、デビューの方はプレフォーの方が圧倒的に進行スピードは早いです。

セカンド地点に5本は持っていく

例えば、カート位置から遠いところのセカンド地点。

満足に使えない3ウッドを1本だけ持っていって『やっぱり7番アイアンにしよう』と再びカートに戻ると、かなりのタイムロスになります。

最低でも、下記の5本は常に持ち歩くことをオススメします。

  • サンドウェッジ
  • ピッチングウェッジ
  • 7番アイアン
  • 9番アイアン
  • パター

上記5本を常に持ち歩くと大体の場面はカバー可能です。
ウッドは慣れてきてから使うことをオススメします。

慣れないうちは、チョロする確率が高いので・・・。
フェアウェイなら、パターを本気で打った方が距離がでるかもしれませんね。(パターも本気で打てば50ヤードくらいは転がります。)

グリーン近くまで来たらパターを持つ

グリーンが近づいてきたらパターをバックから抜いて持ち歩きましょう。
コースに慣れないうちは、グリーンオンさせることに夢中でパターを忘れがちです。

セカンド地点からグリーンまであっちこっち飛ばしながら、カートに戻らないことも十分にありえます。

同伴者が気がきく人であれば、パターを持ってきてくれます。
しかし、他人に頼るのはヤメたほうが良いです。

へとへとになってグリーンに辿り着いて、さらに遠くにあるカートにまでパターを取りに行くなんて悲惨そのもの。
グリーン上にいる同伴者からは冷たい視線を浴びるかもしれませんね・・・。

セカンド地点からパターを抜いておいても良いくらいだよ!

クラブカバーは外してバックにしまっておく

コースに慣れないうちは、ラウンドが始まる前にドライバー・パターのクラブカバーをゴルフバッグにしまっておくことをオススメします。
ティーショットやパターのときに、カバーをいちいち着脱していては時間がもったいないです。

加えて、クラブカバーをグリーンやティー台に置き忘れる危険もあります。
クラブカバーは、スタート前にゴルフバックにしまっておくことをオススメします。

あと、ウッドを使い始めたらカートへの導線にヘッドカバーを置くようにしましょう。
コース上でウッドカバーを無くしたら、戻って来ない可能性が高いです。

スタート前にクラブカバーはゴルフバックにしまっておこう!

まとめ

ポイントと注意点をまとめておきます。

ポイント注意点
ボールの落下地点まで走る
クラブは絶対に置き忘れない
ボールは常に5個持っておく
ロストボールを探すのは3分間
セカンド地点に5本は持っていく
グリーン近くまで来たらパターを持つ
クラブカバーは外してバックにしまっておく
練習なしでコースデビューは、同伴者・後続組に迷惑をかける可能性があるからやめた方がいいよ!
ポイントと注意点
ばらもん。

私もコースデビューしたときは、ハーフが終わった時点でヘトヘトで倒れそうなくらいでした。

コースデビューは、とっても緊張します。
しかし、どんなに上手い人でも通ってきた道です。

鼻息荒く意気込む必要はまったくありませんよ。
『初めてだから仕方ない』くらいで、リラックスして望むと案外結果が良いと感じています。

  • ティーショットは左を向く(コースでは右を向きやすいです)
  • パターは自分を振り子と思い込む(とにかく打つことに集中)
  • バンカーは腰を深く落とす(ダフればいいんです)

ちなみにですが、前日練習は控えたほうがいいと感じています。
コースデビュー前日に体を痛めてしまっては元も子もありませんからね。
イメトレやストレッチに徹して体調を万全に整えておきましょう。

僭越ながら、あなたのコースデビューが華々しいものになることをお祈りしています。以上です。

100切りへ近づくためのアイテムをご紹介!
私が特にオススメしたいものを厳選

自分のドライバーショットの飛距離平均は200前後だとわかりました。
グリーンまでの残り距離がわかると、思い切りクラブを振って行けるようになりました。

腕時計型の距離計選びで悩まれている方にオススメの記事です。

100切りの最短ルートはアプローチの回数を縮めることだと考えています
私はおうちの庭で思う存分アプローチ練習に励んでいます。

思い立ったときに室内で素振りをしたいと思ったことはありませんか?
ダイヤスイングTR525なら、『カチッ』音でスイングチェックもできますよ。

私が特にオススメしたいロングティ2選。
平均スコア90の同伴者も愛用して納得しました。

たまたま見つけた『中井学プロのシンプルゴルフ 90が切れるスウィング』。
この本を読んで私は、10年間積み上げてきたスイングを一から見直すことを決意しました。

こんな体の使い方をするのが正しいのか・・・目から鱗が落ちました

  • 正しいアームローテーションのやり方
  • プロのようにインパクト時に『肩が自然と開かず』に『腰が自然と斜め前方を向く』スイングのやり方

ボディーローテーションとアームローテーションの真実が詳しく書いてありました。
U-NEXTで、無料で途中まで読むことができたので気になる方はどうぞ。

U-NEXTは、「31日間無料トライアル登録」をすることで下記の特典があります。

  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント

無料トライアル期間中に解約することも可能です。
U-NEXTには、見放題動画29万本・レンタル動画4万本の配信があります。(2023年8月時点)
あなたが見たかった作品もきっとあるはず。

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2023年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次