\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

ゴルフで左膝を伸ばすと切り返しが始まりクラブが走る現象

ゴルフで左膝を伸ばす効果
悩めるゴルファー

切り返しでの下半身始動のコツを教えてほしい・・・

本記事を読むメリット

下半身始動の切り返しが自然とできて、結果的にスイングが綺麗になることが期待できます!

それでは本題に入ります。

本記事の根拠

私自身はスコア100前後で、ゴルフが上手とはとても言えません。
しかし、初心者ゴルファーのリアルはお伝えすることができます。

某大手ゴルフ予約サイトのコースガイド通りになんて打てたら苦労しませんよね(笑)。
上級者では見落としてしまいそうなコースの注意点やスイングのコツを伝えることが私のモットー。

個人的イチオシお助けアイテム『イーグルビジョンのWATCH5』

Watch5で木やバンカーまでの距離もわかるよ
ウォッチ5で障害物までの距離を把握する

WATCH5の何がすごいって、コースで下記のことがわかります。

  • グリーンまでの高低差
  • 木やバンカー等の障害物までの距離
  • グリーンセンター・フロントまでの距離
ばらもん。

私はWATCH5をつけてラウンドすることで、残り距離を以前よりも明確に把握することができるようになりました。
結果として、スコアを縮めることに繋がりました。

詳しくは下記の記事にまとめています。
シンプルな操作性で、文字が大きくて見やすい腕時計型の距離計を探している方へ、特にオススメします。

目次

左膝を伸ばしたら切り返しができる

結論から申し上げますと、トップに到達時(もしくは、到達前)に左膝を伸ばし始めると切り返しが自然と始まります。
理由は、左膝を伸ばすことで骨盤が前方方向に回転するからです。

柔軟性が高い方は、右膝も伸ばしていくことが理想です。
左膝を伸ばすだけでも、効果は大きいと感じています。

注意点としては、肩のラインは開かないようにすること。(肩を開かないようにするコツは後述しています)
イメージは左膝をピンッと伸ばし切って、左の壁を作る感じ。

自分が作った左の壁にぶつかった反動で、ヘッドをビュンッと走らせることが可能になります。
フォローは、走ったヘッドに引っ張られて体が回転していくことが理想系。

左膝を伸ばすタイミング

左膝を伸ばすタイミングについて、ご紹介しておきます。
色々試してみて、自分が気持ちよく振ることができるタイミングを見つけることが大事だと考えています。

例えば。

  • トップに到達する前から左膝を伸ばし始める
  • トップ到達時点で一気に左膝を伸ばし切る
  • クラブが重力で落ち始めたら一気に左膝を伸ばし切る

インパクト時点では、左膝が伸びきっていることが理想だと考えています。
プロの写真を見ても、左膝がピンッと伸び切ってインパクトを迎えています。

コツは、左足を強く踏み込むこと。

左足で地面を踏み込むことで、左膝を伸ばしていきます。
聞かれたことがあるかもしれませんが、ダウンスイングは『地面反力』を利用します。

地面を強く踏み込むことで得た地面半力を骨盤に連動させます。
地面半力のおかげで、骨盤を鋭く回転することが可能になります。

ばらもん。

プロのインパクトの後方写真を見てみると、骨盤が前方を向いていますよね。
骨盤を回転させるためには、左膝を伸ばすことが必要になってきます。

腰は自分の意識で回すのではなく、左膝を伸ばすことで勝手に回るが正解。
つまり、ゴルフスイングは『自らの意思で回る回転運動ではない』ということです。

回る意識を持っているうちは、体が回りすぎてしまいます。
どんなに頑張って体を回しても、肩のラインが開いてしまって擦り玉のスライス。

体が勝手に回ってくれることで、適正な回転量を得ることが期待できます。

左膝を伸ばす練習方法

左膝を伸ばす練習方法をご紹介しておきます。

STEP
クラブはなんでもいいので素振りをしよう

素振りで『左膝を伸ばす』感覚を掴むことをオススメします。
グリッププレッシャーは、マックスが10だとしたら2くらい。

ひよこを手の中で温めているくらいの強さがベスト。

STEP
テイクバックは右腰を後ろに引っ張る感じ

テイクバックは、右腰を切り上げておこないます。
腕でクラブを持ち上げなくても、クラブが上がることを確認してください。

右腰を後ろに切り上げると、クラブヘッドが遅れてついてくるイメージ。

腕でクラブを上げた瞬間に、クラブは体からバイバイしてしまうので要注意。

STEP
トップに到達

トップに付近に到達したら、『ふわっと感』を感じて欲しいです。
力をガチガチに入れていたら、ふわっと感は感じることは難しいと思います。

グリッププレッシャーゆるゆるで、右腰の切り返しでテイクバックをすることで『ふわっと感』は生まれてくると考えています。

STEP
ふわっと感を感じながら、左膝を伸ばしていく

トップ位置でのふわっと感を感じたら、左膝を伸ばしていきます。
このときのスイングスピードは、マックスが10だとしたら『まだ2〜3くらい』です。

ばらもん。

ダウンスイングで肩が開かないコツがあります。ものすごく重要なことを言っちゃいます。

ダウンスイング時は、体は右側に傾けるのが正解。(右脇腹にシワを作るイメージ)
体を傾けることで、肩のラインは開きません。

繰り返しになりますが、ゴルフは回転運動ではありません。

STEP
インパクトまでには左膝を伸ばし切る!

インパクトまでには、左膝を伸ばし切る勢いで一気に地面を蹴ります。
スイングスピードはどんどん加速していくイメージ。

左膝をピンッと伸ばし切ると、左の壁にぶつかります。
その反動で、クラブヘッドが体を追い越すようにしていきます。

フォロースルーは、クラブの勢いに任せて体が引っ張られていく感じ。

まとめ

ポイントと注意点をまとめておきます。

ポイント注意点
トップ付近で左膝を伸ばし始めることで、下半身始動の切り返しができるよ!体を回す意識を持っていると、肩のラインも開きやすくなっちゃうよ!体を傾ける意識に変えていこう!

以上です。

100切りへ近づくためのアイテムをご紹介!
私が特にオススメしたいものを厳選

自分のドライバーショットの飛距離平均は200前後だとわかりました。
グリーンまでの残り距離がわかると、思い切りクラブを振って行けるようになりました。

腕時計型の距離計選びで悩まれている方にオススメの記事です。

100切りの最短ルートはアプローチの回数を縮めることだと考えています
私はおうちの庭で思う存分アプローチ練習に励んでいます。

思い立ったときに室内で素振りをしたいと思ったことはありませんか?
ダイヤスイングTR525なら、『カチッ』音でスイングチェックもできますよ。

私が特にオススメしたいロングティ2選。
平均スコア90の同伴者も愛用して納得しました。

たまたま見つけた『中井学プロのシンプルゴルフ 90が切れるスウィング』。
この本を読んで私は、10年間積み上げてきたスイングを一から見直すことを決意しました。

こんな体の使い方をするのが正しいのか・・・目から鱗が落ちました

  • 正しいアームローテーションのやり方
  • プロのようにインパクト時に『肩が自然と開かず』に『腰が自然と斜め前方を向く』スイングのやり方

ボディーローテーションとアームローテーションの真実が詳しく書いてありました。
U-NEXTで、無料で途中まで読むことができたので気になる方はどうぞ。

U-NEXTは、「31日間無料トライアル登録」をすることで下記の特典があります。

  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント

無料トライアル期間中に解約することも可能です。
U-NEXTには、見放題動画29万本・レンタル動画4万本の配信があります。(2023年8月時点)
あなたが見たかった作品もきっとあるはず。

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2023年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

ゴルフで左膝を伸ばす効果

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次